アイロテック マスキュラーセットR140で出来る筋トレ種目

こんにちは。家トレ(@ietore.jp)です。

アイロテック マスキュラーセットR140で作ったホームジムのウェイト耐荷重

アイロテック(IROTECH)のパワーラックセットである『マスキュラーセットR140』で出来ることと、ウェイトの耐荷重を写真でまとめました。写真はR140を購入した単身赴任時のアパートのLDKです(笑)

マスキュラーセットで出来ることと耐荷重
マスキュラーセットで出来ることと耐荷重

自宅ホームジムでの筋トレ。ベンチプレス耐荷重

アイロテック マスキュラーセット ベンチプレス 耐荷重200㎏
マスキュラーセット ベンチプレス 耐荷重200㎏

筋トレやっていて、ベンチプレスは楽しい。体の見栄えが良くなるのでモチベーションも高まります。ただ一人でする場合は安全面から「追い込めないのでは」「潰れたらどうするの」という疑問があると思います。

答えはセーフティーバーがあるので一人でも安全です。
ベンチプレスとインクラインベンチプレスの2パターンでのセーフティーバーの使用実験を行ったツイートを掲載しておきます。
【ベンチプレスの安全実験】

【インクラインベンチプレスの安全実験】

ホームジム スクワット

アイロテック マスキュラーセット スクワット 耐荷重200㎏
マスキュラーセット スクワット 耐荷重200㎏

自分自身は腰椎ヘルニアがあるのでビック3の一つである「スクワット」はやや消極的なのですが、スクワットに興味がある方は、セーフティーバーがあるので安心して高重量でのトレーニングに取り組めます。

ホームジム。自宅でラットプルダウン

アイロテック マスキュラーセット ラットプルダウンビハインドネック 耐荷重90㎏ (ホームジム)
マスキュラーセット ラットプルダウンビハインドネック 耐荷重90㎏(自宅で出来る筋トレ種目

ケーブル系の種目が自宅で手軽に行えるのがマスキュラーセットの魅力です。
写真はラットプルダウンですが、ケーブルプレスダウン(上腕三頭筋を鍛える)の様子を撮影しました。

自宅ホームジムでラットプルダウン

アイロテック マスキュラーセット ラットプルダウン耐荷重90kg (ホームジム)
マスキュラーセット ラットプルダウン耐荷重90kg (自宅で出来る筋トレ種目

自宅ホームジムでシーテッドロウ

アイロテック マスキュラーセット シーテッドロウ 耐荷重90㎏(ホームジム)
マスキュラーセット シーテッドロウ 耐荷重90㎏

プッシュ系の筋トレも良いのですが、凄い体をした人でも「引っ張る」トレーニング中心の方っていらっしゃいます。

私も一人でトレーニングしているとやや怖い感じがして、ベンチプレスやスクワットよりも実はシーテッドローはかなり好きなトレーニングです。

ケーブル系のトレーニングも存分に出来るのがアイロテックのマスキュラーセットの良いところです。

自宅でケーブル・プレスダウン

引っ張る系のトレーニング。ケーブル・プレスダウンもアイロテックのマスキュラーセットがあれば出来ます。

ホームジム プリーチャーカール

アイロテック マスキュラーセット プリチャーカール 耐荷重50㎏(ホームジム)
マスキュラーセット プリチャーカール 耐荷重50㎏

ホームジムでバーベル・ショルダープレス

アイロテック マスキュラーセット バーベル・ショルダープレス 耐荷重200㎏(ホームジム)
マスキュラーセット バーベル・ショルダープレス 耐荷重200㎏

ホームジムでディップス

アイロテック マスキュラーセット ディップス 耐荷重80㎏
マスキュラーセット ディップス 耐荷重80㎏

ディップスはパワーラックの内側と外側の何れかの方向にバーを2本差し込んで行うことが出来ます。ディップスについてはホームジムの設置面積について説明した記事内で詳しく書いています。

アイロテック パワーラック内側でディップス
アイロテック パワーラック内側でディップス

関連記事  自宅ホームジムの部屋広さは10畳(ディップスの記事あり)

ホームジム インクラインダンベルフライ

アイロテック マスキュラーセット インクライン・ダンベルフライ 耐荷重240㎏(ホームジム)
マスキュラーセット インクライン・ダンベルフライ 耐荷重240㎏

ホームジム レッグエクステンション

アイロテック マスキュラーセット レッグ・エクステンション 耐荷重60㎏(ホームジム)
マスキュラーセット レッグ・エクステンション 耐荷重60㎏

嬉しいことに自宅でレッグエクステンションをすることが出来ます。

腰椎ヘルニアがある自分はバーベルを担いでスクワットをすることに抵抗があるのでレッグエクステンションで大腿四頭筋を鍛えられるので助かっています。

ただ荷重としてはウエイトは4枚しか載せられないので20㎏x2、15kg x 2の合計70㎏が限界です。(ネットで見つけた耐荷重は60㎏という表現されていたので私も一応、60㎏と書いておきます)。

足系のトレーニングは普通100㎏を超える重量で行われるのでウエイト60㎏では軽すぎるため、加圧トレーニングと組み合わせることで筋肥大を狙ってトレーニングしています。

自宅のホームジムでレッグカール

アイロテック マスキュラーセット レッグ・カール 耐荷重60㎏
マスキュラーセット レッグ・カール 耐荷重60㎏

2.パワーラックを組み立てる時に気を付けたいセーフティーの位置

マスキュラーセットの組立、注意点(ホームジム)
マスキュラーセットの組立、注意点

実はパワーラックを購入して1年間は、ほぼ飾った状態でした。
2018年後半から少し本気になって利用し始めてベンチプレスに取り組んだ時点で気づいたのですが、フックの位置が短いものと長いもので逆に取り付けた方が良いことに気付きました。

これまでは長いフックがベンチプレスをするときの頭側にあったのですが、これだと使い難いんですよ。
12月に一念発起、1時間かけてパワーラックの上部を外して、フック(短いもの)とフック(長いもの)の場所を入れ替えました。
結果的にベンチプレスがやり易くなりました。
Twitterで最近の改善後の映像(インクライン・ベンチプレス)をUpしているので見てみて下さい。

3.自宅でシーテッドローが出来るって素晴らしい!

賃貸アパートにホームジム
賃貸アパートにホームジム

本日は『アイロテック マスキュラーセットR140で作るホームジム。ウェイトの耐荷重について』という記事を書いてみました。

他にもアイロテック製品を中心に揃えたホームジムの個別記事を書いていますのでホームジム製作の参考にして頂ければ幸いです。